リアップと育毛について

日本の景気低迷が長期化しているにもかかわら、この国の頭髪産業は依然として一大ブームを迎えている。ここでは、脱毛を心配している日本の男性たちが大きく寄与している。

日本最大の化粧品メーカーである資生堂(資生堂)によると、育毛剤の売上高は、過去82年の200億円(1億6千300万ドル)で、98年には400億円(3億2千500万ドル)で2倍に増えた。

男性用ウィッグ販売高、過去83年の500億円から98年には1千億円(8億1​​千300万ドル)で、やはり倍増した日本屈指の頭髪用品メーカーであるアデランスが明らかにした。

アデランスの女性スポークスマンであるエミー田中は若年層、特に20代の顧客の割合が、過去83年の21%から97年には60%に増えるなど、ほぼ継続的に増えていると述べた。この若者たちの中に相当数が脱毛防止のためのシャンプー頭皮のマッサージを含む同社の頭髪管理コースを好むしていると、彼女は説明した。

「頭がすぐにハゲと思って、非常に心配がいない。私はハゲになると結婚もできないだろう」と、今年24歳の小林雅之とした会社員は言った。彼は自分の父親がはげで型も20歳から頭がはげかかり、明らかに不安だった。

「ハゲの研究」という本を書いた女性作家によると、日本人はハゲ男を恥だと思う傾向が他の国の人よりもはるかにひどい。

「ハゲという単語自体が日本では差別的な言葉であり、多くの日本人はハゲ男性を駄目と考えている」と彼女は説明した。しかし、彼女はハゲ男性がアフリカでは、金持ちとみなされているのに対し、西側諸国では、魅力を持っていると考えられているようだと付け加えた。

日本見合い結婚相談所の職員は、はげがされた男性は、お見合いを見るの不利だと述べた。この従業員は、結婚相談所に登録した人が写真を見て相手を均等にすると説明しながら、ハゲ男を見合い見る相手を選択していない女性が多いと明らかにした。

“良い​​大学を出て社会経歴も良いが禿げな人は、高校だけ出てきたにも髪が薄くなる多くの人よりも人気が低い」と彼は言った。

したがって、最初の段階で脱落することを防止するために、相談所提出用写真を撮るときにかつらを使う男性が少なくないということ。

頭髪市場の拡大に合わせて、大正製薬会社は、日本初の正式な承認発毛促進剤を今月初めから市販を開始する。リアップ(RiUp)という名前のこの新商品の主な成分は、「ロゲイン」(Rogaine)、または他の商品名で、85カ国で売られているミノキシジルである。

大正製作育毛剤RIUP には3種類がありますが(リアップ再び育つという意味で作られたね)
男性用にリアップx5 、リアッププラス 2種類があるんです
女性用にリアップリジェンヌがあります。

「リアップx5は(ミノキシジル含有量5%)」壮年性脱毛症の進行の予防に効果、効能を持つ男性用育毛剤です。
脱毛の進行予防に効果があり、すでに進行が始まった脱毛について進行を防ぎ、現状維持する効果もあります

「リアッププラスは(ミノキシジル含有量1 %)」x5と効果、効能は同じだけミノキシジルの含有量%の差があります。
初めてお使いの方は、この製品から使用て見るのがよろしいとね。

「リアップリジェンヌ」は、女性の髪と頭皮を考えて作られた製品で頭皮を健康に維持しながら、
新しい髪が私をできるように太くしっかりとした髪になる効果があります。

ここでミノキシジルは、世界90カ国で使われている脱毛防止、予防に有効な成分と呼ばれます