育毛と発毛の違い

45歳の男性です。頭頂部の脱毛が3年目進められています。脱毛のためのメディアの記事やインターネット広告を注意深く見ています。ところが発毛、育毛という表現が出てきます。この正確な区分を知りたいのです。

まず、意見を申し上げます。発毛、育毛はすべて脱毛の治療で毛髪を成長させていることです。発毛は毛髪を出るようにするものであり、育毛は髪をよく育つようにすることです。しかし、脱毛治療の市場では、2つの語が混在されて実際の違いはありません。言語に例えると、地域ごとに異なる方言とすることができます。

もちろん、あえて比較すると、微細な違いはあります。各用語の定義です。

まず、発毛です。毛髪治療でよく接することができる育毛剤は、髪を思い出させる製品です。発毛促進剤は、毛髪が出るように促進する製品です。

また、育毛があります。若い毛髪をよく育つようにすることです。同じ意味で使われるセットの違いを説明します。発毛はない髪の毛が湧き出るということです。毛髪が抜けた毛穴から1〜3つの髪が出てくるでしょう。育毛は、すでに私は子供の髪をよく成長させることです。

若い毛髪をよく育てることを育毛に見て、弱い毛髪を太く丈夫にすることを養毛と解釈します。似たような用法があります。「士官学校で優秀な人材を選んで将校として育てる」とするときは、「養成」を使います。これに比べて「若い学生を未来の科学者として育てる」とするときは、「育成」です。両方の違いはあいまいです。これは、区分の意味がないことを意味します。